トップ  >  知る・楽しむ  >  工房だより

工房だよりDiary

日々の工房の様子や原材料・産地の話、
アリマで働く人の想いをご紹介します。

初夏のような陽気が心地よい日も増えてきました。皆様いかがお過ごしでしょうか。 さて、本日はいかり豆の製造風景の一部をご紹介します。 写真の左側と右側のそら豆を見比べてみてください。左は仕入れ直後の乾いた原料で、これを数日間水に浸すことで右のように膨らみます。 およそ倍近くまで膨らんだ豆をフライすることで、お馴染みの「いかり豆」になります。 より美味しいいかり豆を目指して、時間をかけて丁寧に作っています。 2021.05.10 素材レポート

日中の気温があがり、とても過ごしやすくなってきましたね。 工房では、4月から入社した新人2名が工場研修に入って日々初めてのことに挑戦しています。 写真は手動で商品に封をする機械をつかい、工程を学んでいる様子。慣れない動作に悪戦苦闘しつつ、1つ1つ商品を完成させています。 アリマが大切にする素材への思いを理解してもらえるよう、工房のメンバー総動員で研修をサポート中です。   2021.05.10 工房の日常

4月に入り、稲美町も桜が満開となりました。このたび弊社稲美工場で、およそ一年ぶりとなる感謝セールを開催。雨の予報でしたが、多くの方にご来場いただきました。ありがとうございました。  今回、初の試みとなる「キッチンカー」を初回稼働させ、ご来場の皆様に「できたて揚げピーナッツ」を試供配布しました。  こちらも「美味しい!」との声多数で、現場担当スタッフも大喜び。本格稼働へむけ、一歩前進しました。 2021.04.12 活動紹介