トップ  >  知る・楽しむ  >  工房だより

工房だよりDiary

日々の工房の様子や原材料・産地の話、
アリマで働く人の想いをご紹介します。

いつの間にか蝉の声も止み、朝夕の涼しさが心地よい今日この頃、皆様はいかがお過ごしですか?  さて今回は、工場がある稲美町の風景として、立派に育った稲穂たちをご紹介。稲刈りを今か今かと待ちながら風に揺られています。今年は雨の影響が心配されましたが、しっかりと育ったお米を見ると気持ちがほっこりと暖かくなりますね。このまま順調に生育し、黄金にたなびく稲穂のじゅうたんを見られるようになることを願っています。 2021.09.14 工房の日常

 長かった雨がようやく上がり、久しぶりの陽光に気分も晴れやかな今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか。 さて、今回ホットなニュースがございます。この度弊社では、秋冬の新商品および一部リニューアル商品を発売する運びとなりました。  その中から今回は新生「大粒いかり豆」の製造風景をお届けします。 写真は、リニューアルしたいかり豆を選別している様子です。お塩を藻塩に変更する事で、うまみが加わりまろやかさもUPした新生いかり豆。9/1より全国発売開始です! 2021.08.30 出荷最前線

暦の上では立秋を迎え、稲も出穂が始まりました。けれど毎日蝉がけたたましく鳴いていて、まだまだ夏は終わりそうにありませんね。   今回は工場の設備についてご紹介します。写真には、天井から伸びる太いホースのようなものが映っています。これは一体なんだと思われますか?   これは「スポットクーラー」といって、局所的に冷風を吹き込むためのものです。焙煎の熱に晒される加工室では、エアコンの空調が追いつかないため、このスポットクーラーが欠かせません。おかげで夏でもフル稼働で焙煎機を動かすことが出来ます。 2021.08.17 工房の日常