トップ  >  知る・楽しむ  >  工房だより

工房だよりDiary

日々の工房の様子や原材料・産地の話、
アリマで働く人の想いをご紹介します。

 まだまだ寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 さて今回は、ここよりもいくぶん暖かい南の島「喜界島」から 届くそらまめをご紹介します。 写真は浸水の工程にさしかかった豆の様子。中国産のものと違って 色とりどりで鮮やかなのが特徴です。小粒ながら存在感があって、 工場でもひときわ目立つそらまめです。 希少な国産品を多くの方に味わって頂くべく、今日も 職人一同気合いを入れて製造に取り組みます。 2022.02.21 工房の日常

 本年も待ちに待った節分がやってきました。 皆様のご家庭ではどのように楽しまれましたか? 弊社で焙煎した大豆で豆まきをして、 一家そろって味わって頂けることが、  工房の職人にとっても最上級にありがたく、やりがいを感じることです。 職人一同、今年一年の皆様のご健康とご多幸を心より願っております。 2022.02.07 工房の日常

芯から冷えるほど気温が低い日が続いています。最近は稲美町にも大粒の雪が降る日があるほどですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 さて、今回はそんな寒さをふきとばすようなあたたかいニュースです。 本年も節分が目前まで近づき、弊社では節分大豆を朝から夜まで焙煎中です。 焙煎の熱で工場内は常に暖かく、大豆の香ばしい香りは外までただよっています。 今年の節分も、弊社が心を込めて焙煎した大豆で、厄を払い福を呼び込んでくださいね。 2022.01.24 工房の日常