【バレンタイン】甘いものが苦手な彼に健康的なナッツをプレゼント

更新日:
投稿日:
タグ:
バレンタイン

バレンタインといえば、チョコレート。この季節になるとお店にはさまざまなチョコレートが並びます。しかしダイエット中や甘いものが苦手な男性は意外と多いもの。 「何か別のものを贈りたい…!」という方におすすめなのが、ナッツです。 今回は、バレンタインにナッツがおすすめな理由と贈る際の注意点について紹介します。

バレンタインはチョコ以外もOK?

「バレンタインなのに、チョコレートじゃなくても良いの?」と思っている方もいるでしょう。しかし実は、バレンタインにチョコレートを贈るのは日本独自のもの。日本の製菓メーカーがキャンペーンや宣伝を行った結果、昭和50年代に定着した比較的新しい習慣です。

バレンタインデーが始まった起源にはいくつかの説がありますが、最も有名なのは「聖バレンチヌス(バレンタイン)司教」にちなむもの。3世紀ごろのローマ帝国で、バレンチヌス司教は禁じられていた兵士たちの結婚を取り計らいました。それがローマ皇帝に知られ、2月14日に処刑されてしまいます。

司教のおかげで結ばれたカップルたちは、司教を「愛の守護聖人」として敬い、命日である2月14日を「愛の日」としました。

つまりバレンタインの本来の目的は、大切な人に愛を伝えること。欧米では「女性から男性へ」というルールもなく、恋人や友達、家族などがお互いにカードや花束、お菓子などを贈り合う日となっています。相手の方が喜んでくれるなら、チョコレート以外でも何の問題もないでしょう。

バレンタインにはナッツがおすすめ

甘くないバレンタインギフトを贈るなら、ナッツがぴったりです。特に、お酒が好きな男性や、健康志向の男性、筋トレを習慣にしている男性におすすめです。

ここでは、ナッツがおすすめな理由を3つ紹介します。

甘いものが苦手な男性に

甘いものが苦手な男性でも、ナッツならおいしく食べられます。さらに東京大学の研究者によると、日本人は甘いものが苦手な人ほどお酒に強い傾向があるようです。ナッツはお酒との相性もバツグンなので、お酒好きな男性へのギフトにも最適です。

特にアーモンドとマカダミアナッツは、風味や食感がお酒と合うのはもちろんのこと、おつまみとして一緒に摂取することで肝機能の低下を防いだり、アルコールの吸収を抑えたりする効果も期待できます。「飲みすぎて二日酔いにならないように」という体への気遣いもできるギフトです。

【参考】アーモンドはお酒との相性が抜群!効果や注意点、おすすめまとめ

【参考】マカダミアナッツで二日酔い対策!理由とおすすめ商品を紹介

健康効果が期待できる

ナッツには「不飽和脂肪酸」という良質な油が豊富に含まれており、健康効果が期待できます。悪玉のLDLコレステロールを減らす働きのある「オレイン酸」を含むものも多く、生活習慣病の予防にも効果的です。

歯ごたえのあるナッツはよく噛んで食べることになるため、少量でも満腹感が得られます。さらにナッツに豊富に含まれる食物繊維は消化に時間がかかり、腹持ちが良いです。食事前に間食として食べることで食べ過ぎを防止できるため、肥満を防ぐ効果も期待できます。

ナッツの種類によって、含まれる栄養素はさまざま。例えば、アーモンドにはたんぱく質とビタミンE、クルミには多価不飽和脂肪酸、マカダミアナッツは悪玉コレステロールを減らす働きのある「オレイン酸」などが豊富に含まれています。数種類が混ざったミックスナッツをバレンタインギフトに選べば、より豊富な栄養素を効率的に摂取できるためおすすめです。

【参考】世界が注目する「くるみ」の健康効果とは?生活習慣病の予防や不調の改善にオススメ!

【参考】ピーナッツの効果・効能とは?美容や健康効果を最大化する食べ方も紹介!

【参考】カシューナッツで健康に?体の不調や生活習慣病を簡単に予防・改善できる!

【参考】アーモンドは優れた栄養食品!成分ごとに期待できる健康効果とは?


筋トレとの相性が抜群

筋トレを習慣にしている男性は、食生活にも気を使っていることが多いでしょう。せっかくバレンタインに贈り物をしても、チョコレートや甘いスイーツだと食べるのに罪悪感を感じてしまうかもしれません。一方で、糖質量が少ないナッツなら、そのような男性でも罪悪感なく食べることができるでしょう。

さらにナッツは筋トレとの相性が抜群です。筋肉の材料となるタンパク質や、脂肪の燃焼を促進する良質な脂質、疲労回復に効果的なビタミンなどを豊富に含んでいます。

筋トレ前にナッツを食べれば、汗で失われやすいミネラルも補給できます。また、空腹時の間食として適切な量を食べることで、より筋トレの効果を引き出すことができます。


注意点

おいしくて健康にも良いナッツですが、バレンタインギフトとしてプレゼントする際には、ナッツアレルギーとプレゼントする量には注意が必要です。この2つの注意点について、詳しく見ていきましょう。

ナッツアレルギー

ナッツをプレゼントする上でまず気を付けたいのが、ナッツアレルギー。ナッツ類のアレルギーは、卵、牛乳、小麦に次いで日本ではメジャーなアレルギーです。ナッツを食べることで蕁麻疹やくしゃみ、息切れなどの症状を発症し、最悪の場合アナフィラキシーショックを起こして死に至ることもあります。

せっかくナッツをプレゼントしたのに、ナッツアレルギーであるために食べられないとなれば、プレゼントされた相手も、プレゼントした自分も悲しいですよね。バレンタインデーの前に、相手の方がナッツアレルギーを持っていないか確認しておきましょう。

ナッツアレルギーといっても全てのナッツが食べられない訳ではなく、クルミやピーナッツなど特定のナッツを食べられない人がほとんどです。しかし、特定のナッツと一緒の袋に入ったミックスナッツも、症状を引き起こしてしまうリスクが高いです。アレルギーの対象となるナッツを一切含まない商品を探しましょう。

【参考】くるみアレルギーとは?症状や食品への表示について解説!

【参考】カシューナッツアレルギーとは?症状や注意すべき食べ物を解説!

【参考】アーモンドアレルギーの症状は?対処法や注意点を解説


プレゼントする量

ナッツは賞味期限が長いものが多く、長期保存ができるイメージを持たれることが多いです。しかし、開封した後の賞味期限は1週間〜1ヶ月ほどと意外と短いです。

ナッツに豊富に含まれる不飽和脂肪酸は、酸素や光、熱に触れることですぐに酸化してしまいます。酸化して過酸化脂質に変質すると、油臭くなり風味が落ちてしまいます。さらに動脈硬化や老化を促進するなど、健康に悪影響を及ぼします。

プレゼントしたナッツを最後までおいしく食べてもらうためにも、賞味期限内に食べ切れる量か、個包装のナッツをプレゼントすることがおすすめです。どうしても食べきれなかった分は、蜂蜜に漬けてヨーグルトやチーズと合わせて食べたり、冷凍庫で保管したりするとナッツの劣化を遅らせることができます。

もしナッツをプレゼントした相手の方がナッツを食べ切れなさそうな場合は、プレゼントする際に上記のアドバイスするのも良いでしょう。

【参考】ナッツラボが教える正しいナッツの保管方法!注意点についても解説


まとめ

今回は、バレンタインにナッツがおすすめな理由とプレゼントする際の注意点について紹介しました。

バレンタインといえばチョコレートが定番ですが、本来の目的は「パートナーに愛を伝えること」です。甘いものが苦手な男性には、ナッツのプレゼントで想いを伝えましょう。素朴な味わいでおいしいのはもちろん、ナッツには健康に良い栄養素が豊富に含まれています。ダイエット中や筋トレを習慣にしている男性にも喜んでもらえるでしょう。

ナッツをプレゼントする際は、相手の方のアレルギーやナッツの量に気を付けて、素敵なバレンタインを過ごしてください。

この記事の関連商品はこちら

この記事を読んだ方におすすめの記事

一覧に戻る

喜界島産のそら豆