カシューナッツで健康に?体の不調や生活習慣病を簡単に予防・改善できる!

更新日:
投稿日:
タグ:
カシューナッツで健康に?体の不調や生活習慣病を簡単に予防・改善できる!

滑らかな舌触りと香ばしい風味を楽しめる「カシューナッツ」。ビタミンやミネラルなど栄養素が豊富で、貧血を予防したり、肥満症(メタボ)を防いだり、美容や生活習慣病などにも嬉しい効果が期待できます。 今回は、そんなカシューナッツの健康効果について紹介します。

カシューナッツに含まれる栄養素と健康の関係

カシューナッツは、オレイン酸やタンパク質、亜鉛といった栄養素が豊富なスーパーフード。

腸の運動を促して便通改善に優れた「オレイン酸」や、エネルギーを燃やして体の代謝を上げる「ビタミンB1」など、栄養満点です。カシューナッツは、これらの豊富な栄養素が健康効果をもたらしてくれるとして、注目されています。カシューナッツ100gあたりに含まれている主な栄養素は、下記の通りとなっています。

【カシューナッツの成分(100gあたり)】
タンパク質19.8g
食物繊維6.7g
脂質47.6g
脂肪酸(脂質の主成分)
飽和脂肪酸9.97g
一価不飽和脂肪酸27.74g
多価不飽和脂肪酸8.08g
ミネラル
カルシウム38mg
リン490mg
4.8mg
カリウム590mg
マグネシウム240mg
1.9mg
亜鉛5.4mg
ビタミン
ビタミンB10.54mg
ビタミンB20.18mg
ナイアシン0.9mg
パントテン酸1.32mg
葉酸0.013mg

関連記事:カシューナッツは美肌と健康にうれしい栄養がいっぱい!効果的な取り方も紹介
【参考】カシューナッツ – 日本ナッツ協会
【参考】カシューナッツ - カロリーSlism

カシューナッツの健康効果〜体の不調編〜

カシューナッツに含まれる豊富な栄養素にどんな効果が期待できるのか、詳しく見ていきましょう。まずは体の不調に対するアプローチについて解説します。

疲労回復

カシューナッツ100gあたりに、約0.54mgの「ビタミンB1」が含まれています。ビタミンB1には、体内に取り込まれた糖質を燃やしてエネルギーに変換する働きがあります。

ビタミンB1が不足すると、エネルギー代謝が落ちて「体がだるい」「寝ても疲れがとれない」といった疲れを感じやすくなります。忙しい日が続いて少し疲れたなと感じたら、仕事の合間や休憩中にカシューナッツを食べましょう。

またカシューナッツは、100gあたりに約47.6gの脂質が含まれています。脂質は、体温を調整したり、細胞膜を作り臓器を刺激から守ったり、体の健康を維持するために必要な三大栄養素のひとつです。体の不調を感じたときは、カシューナッツを食べることで疲労回復に役立てましょう。

【参考】公益財団法人 日本食肉消費総合センター

貧血の予防

カシューナッツには、「葉酸」「鉄分」といった貧血予防に役立つ栄養素が豊富に含まれています。「葉酸」は、造血のビタミンと呼ばれ、赤血球を作る働きを持つビタミンB群の一種です。

立ちくらみや息切れといった貧血の症状を防ぐ以外にも、肌の新陳代謝をアップする働きにも優れています。代謝が上がればターンオーバーのリズムが正常に整うため、吹き出物やシワ、くすみの改善といった、アンチエイジング効果も期待できます。

また、カシューナッツ100gあたりに約4.8mgの「鉄分」が含まれています。鉄分は、赤血球を構成するヘモグロビンの元となる栄養素です。カシューナッツで手軽に鉄分を補え、立ちくらみや息切れなど貧血症状の緩和に役立ちます。

【参考】ミネラル成分の鉄分の働きと1日の摂取量 - 健康長寿ネット

整腸作用

カシューナッツは、腸内環境を整える働きに優れています。カシューナッツに含まれている脂質のうち約60%を占めるのが、一価不飽和脂肪酸のひとつ「オレイン酸」です。オレイン酸には、腸内に油膜を作り便の滑りを良くする働きがあります。

便通が良くなり老廃物が外へ押し出されるため、腸内がすっきりしてぽっこりお腹の解消にも役立ちます。また、便秘の状態が続くと、町内に有害物質が発生し、栄養素と一緒に血液中に取り込まれることで肌のターンオーバーを悪化させる原因となります。便秘が改善されることによって、ニキビや吹き出物などが減ってお肌もきれいになり一石二鳥です。

【参考】便の硬さを決めるもうひとつのもの 「油」|痔 肛門病 女性専門・女医
【参考】オレイン酸 - 一般社団法人 日本植物油協会

胃もたれの予防

飲み会や外食が続いて胃腸の調子が悪いとき、胃がむかむかして食欲がないときは、カシューナッツを食べましょう。カシューナッツに含まれる「ビタミンB2」は、粘膜を保護する働きに優れています。弱った胃の粘膜を優しく保護してくれるので、食生活の乱れや仕事のストレスによって起こる胃もたれを予防・改善できます。

【参考】疲労対処の新常識バラエティに富んだビタミンB2の役割~ストレスによる胃粘膜障害の研究を例に~|武田薬報web

味覚の維持

体内で作ることのできない重要な栄養素のひとつ、「亜鉛」。亜鉛には、「甘い」「酸っぱい」といった味覚を判断して味覚を正常に保つ働きがあります。現代人は、生活習慣の乱れや食の欧米化などにより、亜鉛不足になりがちです。亜鉛不足になると、口の中にあるセンサー、味蕾(みらい)が正常に働かなくなります。「濃い味付けを好む」「味がわからない」といった、味覚を感じにくくなる可能性も考えられるため、亜鉛が含まれているカシューナッツの摂取をおすすめします。

そのほか亜鉛には代謝を高める働きもあります。

【参考】亜鉛の十分な摂取を心がけて味覚を維持しおいしく食べ続けよう-ドクターサーチみやぎ
【参考】味覚と舌苔について - glico

傷の回復

切り傷や擦り傷を早く治したいときにも、カシューナッツがオススメです。

皮膚組織は通常28〜50日周期で生まれ変わると言われています。カシューナッツに含まれる「タンパク質」は、筋肉や皮膚、血管を作る三大栄養素のひとつ。皮膚の材料となるタンパク質が不足すると、肌が再生するまでに時間がかかり傷の治りも遅くなってしまいます。

痺れ・脚気の予防

カシューナッツに含まれる「ビタミンB1」には、脚気の予防効果が期待できます。足のしびれや全身の倦怠感、むくみなどの症状が現れる脚気の主な原因は、ビタミンB1不足によるものです。

ビタミンB1は、水に溶けやすい性質を持ち、体に取り入れにくいとされる栄養素のひとつです。体内へ吸収されにくく、現代人が特に不足しがちなビタミンでもあります。カシューナッツを食べることで、手軽にビタミンB1を摂取でき、脚気の予防にも役立ちます。

【参考】glico栄養成分百科 ビタミンB1

カシューナッツの健康効果〜生活習慣病編〜

カシューナッツには、骨を丈夫にして骨粗鬆症を防いだり、高血圧を改善したりといった生活習慣病予防にも嬉しい効果が期待できます。

動脈硬化の予防

カシューナッツ100gあたりに約27.74g含まれる「不飽和脂肪酸」には、動脈効果を予防する働きがあると言われています。不飽和脂肪酸とは、構造中に二重結合をもつ脂肪酸のことです。 大豆やコーンに含まれるリノール酸、カシューナッツやオリーブに含まれるオレイン酸などがあります。

血液中の悪玉コレステロールの量を減らして、体内の細胞を活性化する働きに優れています。コレステロールや中性脂肪が減少することで、動脈硬化を防げると言われています。

【参考】NHK健康チャンネル
【参考】不飽和脂肪酸 | e-ヘルスネット(厚生労働省)

骨粗鬆症の予防

カシューナッツには、100gあたりタンパク質が約19.8g、カルシウムが約38mgといった骨の材料となる栄養素が豊富に含まれています。そのため、カシューナッツを食べ続けることにより、骨粗鬆症予防にも効果が見込めます。

飲酒や喫煙、ストレスなどによって生活習慣病にかかると、骨が弱くなり骨折しやすくなる傾向にあります。特に現代人は、食の欧米化やライフスタイルなどの変化により、食事の栄養バランスが偏りがちです。食生活の乱れは生活習慣病、そして骨粗鬆症の引き金となります。カシューナッツは小腹が空いたときに気軽に食べられるので、不足しやすい栄養素を簡単に補給し、骨粗鬆症の予防に役立てることが可能です。

【参考】いいほね.jp

高血圧の予防

体内に溜まった余分な水分や塩分を排出し、血圧を下げる働きに優れた「カリウム」。カシューナッツ100gあたりに約590mgのカリウムが含まれており、高血圧を予防・改善する効果があります。「カリウム」は、ほうれん草やアスパラガスなどにも多く含まれています。カットした野菜に砕いたカシューナッツをまぶせば、忙しいときも手軽にカリウムを摂取できるのでオススメです。

【参考】一般財団法人 脳神経疾患研究所/総合南東北病院

肥満症(メタボ)の予防

メタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満症)は、運動不足や食べ過ぎなどにより内臓に脂肪が溜まる現代病のひとつです。カシューナッツに含まれている「水溶性食物繊維」は、血糖値の上昇を抑える働きを持っています。血糖値が下がることで、体内に脂肪を溜め込むインスリンの分泌量も減少するため、カシューナッツには肥満の改善効果も見込めるのです。

【参考】国立国際医療研究センター 糖尿病情報センター

がんの予防

カシューナッツに豊富に含まれる「不飽和脂肪酸」は、時間が経っても固まらない特性を持つことから、血液がサラサラになり血管年齢が若返ります。血流が良くれば、生活習慣病が改善され、がん予防にもつながると言われています。

カシューナッツで健康に!おすすめ商品3つ

最後に、健康に良いナッツ類やドライフルーツを販売している「有馬芳香堂」でオススメのカシューナッツを厳選して3つ紹介します。スーパーやコンビニなどで、なかなか自分好みのカシューナッツを見つけられないという方はチェックしてみてください。

油で揚げないカシューナッツ

カロリーをおさえておいしく食べるなら、「油で揚げないカシューナッツ」がオススメです。油を使用せずに時間をかけてじっくり焙煎しているので、従来のカシューナッツよりも比較的カロリーが少なめです。赤穂の焼塩が食欲をかき立てます。

油で揚げないカシューナッツ

油で揚げないカシューナッツ

石垣島産島唐辛子こんがりカシューナッツ

沖縄料理に欠かせない伝統的な香辛料、島とうがらしをふんだんに使った「石垣島産島唐辛子こんがりカシューナッツ」。唐辛子の程よい辛さとカシューナッツのコクが絶妙にマッチした、スパイシーな味わいを楽しめます。ビールや日本酒、焼酎などおつまみにもぴったりです。


石垣島産島唐辛子こんがりカシューナッツ

石垣島産島唐辛子こんがりカシューナッツ

こんがりカシューナッツ

「こんがりカシューナッツ」は、世界でもトップクラスの生産量を誇るインド産のカシューナッツを、小麦粉と寒梅粉でカリッと仕上げています。噛むほどに香ばしい醤油の風味が口の中に広がり、一度食べたら止まらなくなるおいしさです。

こんがりカシューナッツ

こんがりカシューナッツ

まとめ

カシューナッツには、体の中に溜まった不要な水分・塩分を排出する「カリウム」や、味覚を正常に保つ「亜鉛」といった、体の健康維持に欠かせない豊富な種類の栄養素がぎっしり詰まっています。仕事の合間や休憩中につまんで栄養補給しながら、健康的な体を目指しましょう。


有馬芳香堂公式SNSも合わせてご覧ください▼


この記事の関連商品はこちら

この記事を読んだ方におすすめの記事

一覧に戻る

# Nuts&Beansレシピ Instagram投稿キャンペーン!