カシューナッツには驚きの美容効果が!効果を高める方法や食べ方は?

更新日:
投稿日:
タグ:
カシューナッツには驚きの美容効果が!効果を高める方法や食べ方は?

栄養価が高く、スーパーフードとして人気のカシューナッツ。お肌に潤いを与えたり、顔や体のむくみを改善したり、意外と知られていない驚きの美容効果が期待できます。今回は、美容効果を高めるカシューナッツの食べ方やオススメレシピを紹介します。

カシューナッツに含まれる栄養

カシューナッツには、ミネラルやビタミンなど約十数種類の栄養素が豊富に含まれています。例えば、筋肉や皮膚、髪の毛の材料となる「タンパク質」をはじめ、老化の原因となる活性酸素を除去する「オレイン酸」や、貧血を予防する「鉄分・亜鉛」などです。

カシューナッツに含まれている栄養素に関しては、下記の記事で詳しく解説しています。栄養素が持つ働きについても解説しているので、チェックしてみてください。

関連記事:カシューナッツは美肌と健康にうれしい栄養がいっぱい!効果的な取り方も紹介

カシューナッツの美容効果6つ

カシューナッツは「天然のサプリメント」と呼ばれるほど、豊富な栄養素を含んでいます。乾燥した肌を保湿する「オレイン酸」や、ツヤのある髪の毛を作る「タンパク質」などを含んでおり、これらの栄養素がさまざまな美容効果をもたらしてくれます。

具体的にどんな効果が見込めるのか、詳しく見ていきましょう。

【参考】植物のチカラ 日清オイリオ
【参考】GOYA® エキストラバージン オリーブオイル

肌トラブルの予防

カシューナッツ100gあたりに、約0.54mgの「ビタミンB1」が含まれています。ビタミンB1は、体内の糖分をエネルギーに変える働きを持ち、新陳代謝のアップに役立ちます。代謝が上がることにより肌の再生リズムが正常に整うため、乾燥によるしわ、ザラつき、たるみ、ニキビや吹き出物といった肌トラブルの予防・改善が期待できます。

【参考】ビタミンB1の働きと1日の摂取量-健康長寿ネット
【参考】カシューナッツ – 日本ナッツ協会

アンチエイジング効果

カシューナッツ100gあたりに、約27.74gの「オレイン酸」が含まれています。オレイン酸は、なたねやオリーブなど植物に多く含まれる一価不飽和脂肪酸です。抗酸化作用に優れ、肌が老化する原因のひとつ「活性酸素」を取り除く働きを持っています。

活性酸素を除去することによって、弱った細胞が元気になり新陳代謝が活性化します。代謝が上がることで、ターンオーバーのリズムが正常に整って肌に潤いが生まれ、キメの整った若々しい美肌作りへつながります。よって、カシューナッツにはアンチエイジング効果があると言え、キメの整った肌質を手に入れたい方は、カシューナッツを摂取されることをおすすめします。

美髪効果

カシューナッツに多く含まれるミネラル成分には、髪の毛にツヤやハリを与える美髪効果が期待できます。コラーゲンを生成しキューティクルを保護する働きを持つ「亜鉛」、酸素を運ぶヘモグロビンの材料となる「鉄分」など、美肌作りに欠かすことのできない栄養の含有量が豊富です。

また、「タンパク質」も髪のツヤを保つために必要な成分です。タンパク質は髪の毛を作る材料であるため、カシューナッツを食べることで髪にコシが出て、毛先までしっとり潤った髪質へと生まれ変わります。

 

デトックス効果

多くの女性は、足や顔のむくみに悩んでいるのではないでしょうか。カシューナッツに含まれる「カリウム」は、利尿作用に優れているため、体内に溜まった余分な水分・塩分を排出するデトックス効果が期待できます。

体の中の毒素や老廃物が減ることで、目のまわりやフェイスライン、足がすっきりしてむくみ解消に役立ちます。また、老廃物が体内に溜まることで起こる吹き出物の改善にもつながります。

ダイエット効果

カシューナッツに含まれる「ビタミンB1」や「オレイン酸」は、太る原因となる血糖値や脂質をエネルギーに変える働きを持つ栄養素です。エネルギー代謝は、加齢や運動不足、冷え性などさまざまな原因によって低下します。

代謝が下がると、脂質や糖質をエネルギーに変える働きが弱まり太りやすくなります。摂取した栄養をエネルギーに変える働きに優れたカシューナッツを摂取することで、体質改善につながるでしょう。

また、カシューナッツのダイエット効果について詳しい内容を知りたい方は、下記の記事をチェックしてみてください。

関連記事:カシューナッツでダイエット!?カロリー・糖質やダイエット方法は?

肌の弾力効果

肌のハリがなくなった、目元のシワが増えたと感じている方は、もしかすると鉄不足なのかもしれません。「鉄分」は、肌のハリと弾力を保つコラーゲン生成に欠かせない重要なミネラルのひとつです。鉄分が不足すると、コラーゲンを生成できなくなり、肌が乾燥しシワが目立ちやすくなります。

特に女性は鉄分が不足しがちなので、積極的にカシューナッツを食べましょう。

【参考】賢く摂って美しく 鉄の働きと美容-大正製薬ダイレクト

カシューナッツの美容効果を高める方法は?

カシューナッツの美容効果を最大限に引き出すには、正しい食べ方で食生活に取り入れることが重要です。以下で紹介するように、食べ方に気を付けるだけで効果を実感できるようになります。

添加物を避ける

物にもよりますが、スーパーやコンビニで販売しているカシューナッツは、日持ちを良くしたり、舌ざわりを良くしたりする食品添加物を多く含んでいます。食品添加物は体内に蓄積され、「寝ても疲れが取れず体がだるい」「耳が聞こえづらくなる」といった体調不良につながります。

添加物は体に良くないため、体の健康と美容を意識するのであれば、添加物不使用の素焼きカシューナッツがオススメです。

【参考】主な役割と必要性 | 日本食品添加物協会

arimaの素焼きカシューナッツは、化学調味料や食塩が一切使われていない、オススメの商品です。

食塩無添加カシューナッツ

公式オンラインショップ

食べ過ぎに注意する

カシューナッツを食べる量は、1日に10粒前後が望ましいです。粒の大きさにもよりますが、カシューナッツ1粒で約9kcalあります。10粒食べると100kcal近くなるため、食べ過ぎは肥満の原因となります。ちなみに、厚生労働省が発表している「間食のエネルギー(カロリー)」では、最大で1日200kcalほどを間食の目安カロリーとして推奨しています。

そのため、1日10粒程度におさえ、食べ過ぎたとしても20粒を超えないようにしましょう。

【参考】おやつの意味を知りましょう-農林水産省

習慣にする

カシューナッツの栄養吸収率を上げるコツは、毎日食べ続けることです。ここまで紹介した通り、カシューナッツは筋肉、皮膚、血液など体作りの材料となる栄養素を豊富に含んでいます。

私たちの体は日々食べた物によって作られているため、1日でも長く続けるようにしましょう。

楽しく&美味しく!カシューナッツの食べ方のススメ

カシューナッツはそのままでも十分おいしく食べられますが、ハニーナッツにしたり、キャラメリゼにしたり、アレンジを加えて変化をつけながら摂取することがオススメです。味付けや食べ方を工夫すれば、飽きずにおいしく食べ続けられますよ。

キャラメリゼ

砂糖を高温で熱したものをカシューナッツに絡めたキャラメリゼは、バターやグラニュー糖を使う分、カロリーが高くなります。食べるときは、プレーンヨーグルトやサラダなど、できるだけ低カロリーなものと組み合わせましょう。

【材料】

  • カシューナッツ  70g
  • 水 大さじ1
  • グラニュー糖 大さじ3
  • 熱湯 大さじ1.5
  • 無塩バター 大さじ1

【作り方】

  1. 熱したフライパンに水とグラニュー糖を入れ、ヘラは使わず中火で煮詰めます。
  2. 1がきつね色になったら火を止めて熱湯を入れます。
  3. フライパンを再び弱火で温め、無塩バターを入れて溶かします。
  4. 3にカシューナッツを加え、水分がなくなるまで全体に満遍なく絡めます。
  5. 4をクッキングシートに広げ、粗熱をとれば完成です。

【参考】カリッつやで止まらない!『材料3つでキャラメルナッツ』 | 【Nadia | ナディア】レシピサイト

ミックスナッツ

アーモンドやカシューナッツ、へーゼルナッツなど、数種類のナッツと組み合わせ「ミックスナッツ」にして食べるのもオススメです。美白効果に優れた「ビタミンE」や、貧血を予防する「鉄分・亜鉛」、腸のぜん動運動を活発にする「食物繊維」など、豊富な栄養素をバランスよく摂取できます。

ただし、塩味が強いものはむくみの原因となるため、塩分が少ないものや素焼きタイプを選びましょう。

まとめ

栄養豊富なカシューナッツには、毎日食べ続けることにより肌のくすみを改善したり、髪の毛にツヤを与えたりといった、美肌・美容効果が期待できます。

1日10粒までに抑える、食塩・添加物の多いものは避けるといった正しい食べ方で、より高い美容効果を実感できるでしょう。

カシューナッツをそのまま食べるだけでは物足りないときは、今回紹介したアレンジ方法を参考にしてみてください。

この記事の関連商品はこちら

この記事を読んだ方におすすめの記事

一覧に戻る