マカダミアナッツで二日酔い対策!理由とおすすめ商品を紹介

更新日:
投稿日:
タグ:
ナッツ 二日酔い

年末に向けての忘年会シーズン。今年はオンライン飲み会も増えるでしょう。その際に注意したいことは二日酔いです。お酒の飲み方やおつまみのチョイスを意識するだけで、二日酔いは軽減・防止できます。 バーではナッツを提供する店が多いという点からも分かるように、お酒とナッツは相性抜群。なかでも二日酔い対策にはマカダミアナッツがおすすめです。 今回は、二日酔いを予防する飲酒方法と、マカダミアナッツが二日酔い対策に効く理由、さらにはおすすめの食べ方と商品も紹介します。

二日酔いとは

飲酒の翌日に起こる二日酔いの症状は、頭痛、胃腸の異常、睡眠障害、感覚や認知の障害、うつ気分、自律神経症状などがあり、症状の重さは人によってさまざまです。

二日酔いが引き起こされるメカニズムは明確には解明されておらず、お酒の飲み過ぎによるさまざまな要因が組み合わさっていると考えられています。

お酒を飲むと、胃と小腸でアルコールが吸収され、肝臓に運ばれます。アルコールは肝臓でアセトアルデヒドに変化し、酢酸に分解されます。ただし肝臓が一度に分解できる量は決まっており、分解しきれないアルコールは血中に残って身体中をめぐり、「酔い」の状態になります。

また、アセトアルデヒドが酢酸に分解されずに体内に大量に残っている場合は、頭痛や吐き気を起こす二日酔いの原因となるといわれています。

他にも、アルコールの利尿作用による脱水症状や、血管拡張作用による血管の炎症、胃酸過多、ホルモンの分泌異常などが二日酔いの要因として挙げられます。

二日酔い対策

辛い二日酔いを防ぐためには、お酒を飲む際にきちんと対策を行うことが大切です。次の3つのポイントを守ることによって二日酔いを防止し、翌日も元気に活動することができるように気をつけましょう。

お酒は「適量」を意識する

二日酔い対策には何より飲み過ぎないことが大切です。適切なアルコール量に留めておくことで、摂取したアルコールを肝臓がきちんと分解してくれます。

厚生労働省のガイドラインでは、1日平均でアルコール20g程度が適度な飲酒とされています。アルコール20gとは、ビール中ビン1本、日本酒1合、酎ハイ(7%)350ml、ウイスキーダブル1杯に相当します。

人によってアルコールを代謝する量や早さは異なるため、お酒が弱い方はガイドラインに定められている量より控えめにすることをおすすめします。特に20歳になったばかりの方は、自分の飲める量を把握できていないため飲み過ぎてしまいがちです。パッチテストなどを行うことでアルコールの許容量がある程度判断できるため、参考にしてください。

また、お酒の一気飲みは急性アルコール中毒を引き起こす恐れもあるため、絶対にやめましょう。

【参考】飲酒のガイドライン-厚生労働省


空腹を避ける

お腹が空いている場合は、お酒を飲む前に食べ物を口にしておきましょう。空腹の状態では他に消化するものがないため、アルコールを普段よりも素早く吸収してしまいます。肝臓での分解が間に合わず、アルコールの血中濃度が上がるため二日酔いにつながりやすいです。

また、空腹時の肝臓内にグリコーゲンが不足している状態でアルコールを摂取すると、低血糖症を引き起こす可能性もあるため注意が必要です。

【参考】eヘルスネット【アルコールと糖尿病】

これらを防ぐために、お酒を飲む前に小腹を満たしておくことをおすすめします。また、お酒を飲む際は、おつまみを食べるようにしましょう。おつまみを食べることで、お酒を飲むスピードを調整しやすくなります。

水分補給する

アルコールには利尿作用があるため、身体が脱水症状を起こしやすくなります。脱水症状は血液の濃縮を引き起こし、二日酔いの症状を悪化させます。そのため、ソフトドリンクで水分補給するようにしましょう。おすすめはお酒と水を交互に飲む方法です。アルコールの濃度が薄まると同時に飲むペースが遅くなるため、悪酔いしづらくなります。

二日酔いになってから水を飲んでも、吐いてしまう場合があります。このように胃腸が非常に弱っている際は、スポーツドリンクや経口補水液など吸収しやすいものを、ほんの少しずつ飲むことがおすすめです。


マカダミアナッツが二日酔い対策におすすめな理由

お酒のおつまみには多くの選択肢がありますが、なかでもマカダミアナッツがおすすめです。香ばしくて美味しいだけでなく、マカダミアナッツには二日酔い予防効果があります。

脂質がアルコールの吸収を抑える

脂質はアルコールの吸収のスピードを遅らせ、血中アルコール濃度そのものを下げる効果もあるといわれています。以下の表から、ナッツの中でも特にマカダミアナッツには脂質が多く含まれることがわかります。


種類100gあたりの脂質(g)
マカダミアナッツ(フライ、味付け)76.7
アーモンド(いり、無塩)54.1
くるみ(いり)68.8
カシューナッツ(フライ、味付け)47.6
ピスタチオ(フライ、味付け)56.1
ピーナッツ(いり)49.4
ヘーゼルナッツ(フライ、味付け)69.3

【参考】日本食品標準成分表-文部科学省


アセトアルデヒドを分解する

お酒を飲む際にアルコールの分解を助ける栄養素を摂取することで二日酔いは緩和できると考えられています。マカダミアナッツに含まれるナイアシンはアセトアルデヒドの分解を促す酵素のように働き、肝臓を活性化させます。お酒を飲むほどナイアシンは消費されるため、マカダミアナッツで補給することをおすすめします。

同じようにアルコールの分解を助ける働きを持つビタミンCを、サラダや果物から摂取することで、相乗効果が期待できます。

小腹を満たせる

空きっ腹にお酒はNGであることについてすでに説明しましたが、少ない量で小腹をしっかりと満たせる食品としてマカダミアナッツはおすすめです。脂質と食物繊維が豊富なマカダミアナッツは満腹感を得やすいためです。また、食物繊維は消化のスピードが遅いため、満腹感が長続きします。

失った栄養素を補給できる

アルコールには利尿作用があり、カルシウムや亜鉛が過剰に排出されてしまいます。また、飲み過ぎによって荒れてしまった胃腸を修復するためにも栄養素が消費されます。そこで幅広い栄養素がぎっしり含まれたマカダミアナッツは身体の栄養素を補うために効果的な食材であるといえます。


二日酔い対策におすすめの食べ方と商品

お酒のお供として効果的なマカダミアナッツですが、どのタイミングでどのくらい食べると良いのでしょうか。マカダミアナッツの食べ方と、おつまみにぴったりのおすすめの商品を紹介します。

マカダミアナッツの食べ方

マカダミアナッツを食べるベストタイミングは、お酒を飲む30分前です。もしくはお酒と一緒におつまみとして食べることも良いでしょう。ただし、消化のスピードが遅いため、夜遅くの寝る直前のタイミングでは食べない方が良いとされています。

また、マカデミアナッツは脂質の量が多いため大量に食べるとカロリー過多となってしまいます。マカダミアナッツの1日の摂取目安量は5粒(10g)です。

お酒を飲んでいる時は食欲が増大しやすいです。そのため、おつまみを食べ過ぎになりがちな方は、ナッツ以外にもカロリーの低いおつまみを用意しておくと良いでしょう。

ナッツラボおすすめの「食塩無添加マカダミアナッツ」

The Nuts

食塩無添加マカダミアナッツ

塩分の濃いおつまみを食べると喉が渇き、飲み過ぎにつながってしまいます。そのため食塩無添加のマカダミアナッツなら安心です。

こちらは化学調味料も食塩も使われていないヘルシーなマカダミアナッツです。ノンフライ製法で身体に悪い余分な油が含まれていない点も嬉しいです。


まとめ

二日酔い対策のためのお酒の飲み方と、おつまみとしてのマカダミアナッツの効果、食べ方を紹介しました。普段食事に気をつけている方でも飲み会の席では不摂生をしがちです。二日酔いにならないように、お酒を飲む前にマカデミアナッツを食べたり、おつまみとしてマカデミアナッツを食べることをおすすめします。

アルコールは上手に取り入れることで健康を高める効果もあると考えられているため、飲み過ぎに注意して楽しく摂取しましょう。

この記事の関連商品はこちら

この記事を読んだ方におすすめの記事

一覧に戻る

喜界島産のそら豆