トップ  >  会社概要  >  社会貢献

社会貢献CSR

アリマを支えていただいている地域の皆様への感謝の気持ちを込め、
私たちは様々な活動を通して地域社会への貢献を目指しています。

地元中学生の職場体験「トライやる・ウィーク」をサポート

トライやる・ウィークは、1995年の阪神・淡路大震災等を機に、職場体験を通して社会全体で子どもたちの人間形成や社会的自立を支援しようと兵庫県で発足した活動です。県内の中学2年生を対象として1998年度から行われており、アリマでは活動の発足時よりほぼ毎年、2名の中学生を受け入れています。実施時期は6月初旬で、社員と一緒になって作業しています。

地域企業と大学生のマッチングラボ『課題解決ラボ2015』に参加

兵庫県と神戸新聞社が主催する『課題解決ラボ』は、大学生がゼミの専門性を活かし、学生の視点で地域企業の経営課題の解決を目指す活動です。
地元大学のゼミの指導教官と学生に来社いただき、「企業の社会的責任と経営管理を中心に社員のモチベーションをいかに上げるか」と「コモディティ化(個性喪失し価格勝負一辺倒)してしまった豆菓子・ナッツを主力商品とする有馬芳香堂の生き残る道の探求」という研究課題を設定。神戸で開催された研究発表会で、学生ならではの新しい発想の提案をいただきました。

地元のお客様に感謝の気持ちを込めた工房フェアを実施

稲美工場では年に2回、アリマの商品をお得な価格で提供する感謝セールを実施しています。年配の方から小さなお子様まで、毎年たくさんのご家族がご来場。幅広いお客様に愛されていることを実感し、社員一同嬉しく感じています。
これからも感謝の気持ちを直接お伝えする機会として、工房感謝セールを続けていきたいと考えています。いつも本当に、ありがとうございます。